パソコン書・ビジネス書出版のソーテック社

ソーテック社 | パソコン・ビジネス書籍出版

Google検索

Google

WWW を検索
sotechsha.co.jp を検索
あの商品は、なぜ売れたのか
売れなかった商品には、売れなかった理由が必ずあります。
それを検証するには、すごく手間がかかるのと後付けの理由ばかりになってしまい、真の理由を導き出すことは非常に困難です。
だとしたら、売れた商品やヒット商品がなぜ売れたのかを考えたほうが、早く結論を導き出すことができるはずです。
本書は売れた商品をマーケティングとプロモーションから、細かく分析をしています。
「TSUBAKI」「伊右衛門」「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」「脳を鍛える大人のDSトレーニング」「フラガール」「メンタルバランスチョコレートGABA」をはじめ、誰もが知っているヒット商品を多数取りあげています。
そこには、企業の大小や商品のターゲットなどによりさまざまなPR戦略がとられていることがわかります。

あまり売れ行きのよくない商品を、どうすれば売れるようになるのか考える。
おそらく、みなさんはこのような場面にビジネスシーンで出くわしているはずです。ある意味、これは大きな命題かもしれません。そんなときどうしたらいいのか、PR戦略を考えるとき、自社の商品をニュースにしたいとき、どのようにすればニュースとなって、ターゲットにしているユーザーに届くのか?
そんな疑問を解決してくれるはずです。
カバーイメージ
著者:杉村貴代
四六判・240ページ・1色
本体価格:1,429円+税
ISBN978-4-88166-831-3
 
本の購入はこちらからどうぞ
アマゾンで購入 セブンネットショッピングで購入 楽天ブックスで購入
目次を表示する ≫
第1章
ヒット商品の舞台裏

1 イメージで勝負・強者のマーケティング戦略
資生堂【TSUBAKI】
イメージを伝える強者のマーケティング
スタートダッシュで広い顧客層をつかむペネトレーション戦略
曼荼羅的(?)なメディアの展開
テレビCMでは、美しい女性の再現を
新聞では、社会的メッセージの発信を
イベントでは、シンボリックな体験を
Webでは、消費者との接点拡大を
失速時に「値下げ」するのではなく、再投資する
 【TSUBAKI】プロモーション成功の法則

2 ブランドコラボのマーケティング戦略
サントリー【伊右衛門】
マーケットを拡大するほどの記録的なヒット
「ベタさ」こそが、ヒットの鍵
「伊右衛門」開発プロジェクト
老舗茶舗・福寿園とのブランドコラボ
ブランドコラボの難しさ
技術でブランドの葛藤を克服する
「伊右衛門」ブランドを資産という面から捉える
商品開発にコミュニケーション戦略を組み込む
 【伊右衛門】プロモーション成功の法則

3 弱者のマーケティング戦略《キャラ立ち》
男前豆腐店
【風に吹かれて豆腐屋ジョニー】
豆腐界の風雲児
日経・ヒット商品番付にランクイン
弱者のマーケティング戦略
ヒットさせるための3つのしかけ
書籍のプロモーション効果
営業からマーケティングへ
常識はずれのやわらかさ≠ニ濃厚な味
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」のキャラ立ち力
「風に吹かれて豆腐屋ジョニー」のキャラ立ちポイント
世界観の構築という演出
男前豆腐店はWeb2・0的プロモーションで広まった?
マスメディアでウケる理由
 【風に吹かれて豆腐屋ジョニー】プロモーション成功の法則

4 さまざまなキーワードを駆使したプロモーション戦略
任天堂
【脳を鍛える大人のDSトレーニング】
ポケモンと並ぶワールドワイドなメガヒット商品
「差別化の開発ビジョン」によって、オリジナリティの高い商品を開発
科学者をキャラクターに立て、「脳は鍛えることができる」と科学的に証明
「脳年齢」というコンセプトを提示して、見えないものを「見える化」する
ゲーム市場の拡大だけでなく、脳トレという新たなジャンルをつくりあげる
ほかのブームとの相乗効果で、脳トレの消費トレンド化が促進される
商品ベネフィットはネガティブでも、ポジティブな思考へと導く
自己鍛錬を好む女性(特に20代)に見事にフィット
松島菜々子さんの広告、新宿コマ劇場の試遊イベント、敬老の日需要の発生、ブログの盛りあがり、岩田社長の説得的な情報発信――
 【脳を鍛える大人のDSトレーニング】プロモーション成功の法則

5 くちコミプロモーション戦略
シネカノン【フラガール】
ふたたび盛り上がる日本映画
くちコミでヒットした映画「フラガール」
パーティや試写会を駆使したハリウッド式PR
アナログイベントを活用したプロモーション
旬のタレント「しずちゃん」 パブリシティという効果
くちコミとブログで長期間話題となる
携帯電話を使った応援団の結成
映画ファンドの活躍
 【フラガール】プロモーション成功の法則

6 ターゲットにフォーカスしたマーケティング戦略
江崎グリコ
【メンタルバランスチョコレートGABA】
ストレスを低減させるチョコレート「GABA」
チョコレートの健康価値とは何か――それが「ほっとする」
ターゲットを確実にフォーカスした商品開発
日本コカ・コーラとの協働マーケティングの試み
キャンペーンサイト「GABAリーマン」でGABAの認知促進
ターゲットに最適な「コンタクトポイント」を見つける
【メンタルバランスチョコレートGABA】プロモーション成功の法則

第2章
マーケットと商品を結びつけるしかけ
1 需要想像型マーケティング戦略
【ターゲット・マーケティング】
マーケティング戦略の変化
ターゲットを明確にした商品

2 グーグルからセカンドライフまで
【消費者の購買行動を考える】
消費者の購買行動の変化。「AISAS」という流れ
情報を検索するプロセス
グーグルが可能にしたもの
アマゾンが可能にしたもの
「情報を共有する」というのは何を意味するのか?
SNSが生み出すプロモーションパワー
まだまだ出てくる新しいプロモーションツール

3 Webの動きをどういう形で生かすか
【PRを活用したプロモーション】
消費者のマーケティング活動への参加
消費者のプロモーション活動への参加
PRでマスを動かす

第3章
ニュースになる効果的なPR術
1 信用力や客観的な好評価をつけて発信する
PRの基礎知識【ニュースのつくり方】
「広報・PR」と「パブリシティ」
「広告」よりも「PR」で言ったほうがいいこと
PRの投資効果は絶大?
PRとは、情報をニュースにすること
 【PR戦略】ニュースリレーションという考え方

2 4つの基本ステップで、ニュースは変わる
PRの手順【ニュースができるまで】
自社の情報をマスメディアのニュースに生まれ変わらせる
 【PR戦略】メディア取材対応の手順

3 情報のニュースバリューを証明する
PRの切り口
【メディアと消費者を納得させる方法】
物語があるものはウケやすい
 ―NHK「プロジェクトX」からファミリーマート「おやじプロジェクト」まで―
体験・経験をしてもらうことで期待させる
 ―ユニバーサルデザインとトヨタ「ラウム」―
科学的実験データを使って安心感を与える
 ―トクホと花王「ヘルシア緑茶」―
季節、旬、時流をつかまえて必然性をつける
「販売量」などの具体的な数字データはニュースにしやすい
 【PR戦略】インフルエンサーによるお墨つき

4 マスへの影響力では何といっても断トツ
【テレビで取りあげてもらう方法】
テレビの影響力は視聴率で測る
何といっても在京キー局6社
主婦とティーンエイジャーがターゲットの番組づくり
視聴率が命
番組・企画ごとのニュースリリースづくり、配信、フォロー
 【テレビに取りあげてもらう方法】
 「企画持ち込み」と「ペイドパブリシティ」

5 業界紙からはじめるのがスタンダードな戦略
【新聞に取りあげてもらう方法】
新聞にはどのような種類があるか知る
アプローチの手順
 【新聞で取りあげてもらう方法】
  通信社から全国的にニュースを配信してもらう

6 ターゲットメディアとしての雑誌戦略
【雑誌に取りあげてもらう方法】
需要型マーケティングにぴったりなのが雑誌メディア
 【雑誌に取りあげてもらう方法】アプローチのコツ

7 露出スペースが豊富なオンラインニュース
【Webに取りあげてもらう方法】
オンラインニュースサイトにはたくさんの種類がある
マスメディア系のニュースサイトは敷居が高い
オンラインに特化したニュースサイトにアプローチする
質よりも鮮度が問われるニュースの内容
ユーザー数の多い女性サイト
 【Webに取りあげてもらう方法】
  ニュースリリースをSEOに活用

8 リリースの基本フォーマットを使いこなす
【見てもらえるニュースリリースのつくり方】
ポイントを押さえてリリースを書く
リリースの構成を理解する
気をつけること
 【PR業務】全体的な作業の流れ
≪ 目次を隠す
※お使いのブラウザでJavaScriptが無効の場合は機能しません。